フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

お気に入り

« Xmasプレゼント | トップページ | ハサミムシ »

ふしみ人権の集い

今日は第二土曜日でもあり祝日でしたので会社はお休みいただいております。


京都府総合見本市会館(京都パルスプラザ)にて「ふしみ人権の集い」というものが行われました。


京都市 京都市教育委員会 (福)京都市社会福祉協議会 (福)伏見区社会福祉協議会 (福)洛和福祉会 (福)京都老人福祉会の後援

京都教育大学・京都聖母女学院短期大学・京都文教大学・龍谷大学の協賛


にて行われました


サブタイトル「人権文化のまちをひとりひとりの心から」


人権が尊重され、差別のない社会にするだけではなく、くらしや文化といった人間の営みが「人権」という崇高な規模によって行われすべての人々が差別や疎外から解放されて平和でで創造的な市民生活を送ることのできる人間回復社会を展望したもの。

またその社会を目指そうとするとき「部落差別」「障がい者差別」「女性への差別」「在日外国人への差別」「子供のいじめや虐待への問題」「高齢者の人権」など解決すべき課題が私たちの身の回りに山積みにされています。

単なる啓発主義ではなく差別を生み出している社会のシステムの変革を目指そうという取り組みです。

七色の虹、赤・橙・黄・緑・青・藍・紫のどの色が優れていてどの色が劣っているどの色が重要であると比べることはできない。色としての存在価値、絶対的な価値がある。また人間もそうであり絶対的なな価値があるのです。ただしひとつの物差しで計れば優劣は出るのでしょうが、小さな物差しにしか過ぎないということ。人間の絶対的な価値はひとつの物差しでは計れない。


ごく一部抜粋しましたが、とても勉強になるお話を聞かせていただきました。

改めて、明日へ向かって取り組もうと思いましたね。

« Xmasプレゼント | トップページ | ハサミムシ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふしみ人権の集い:

« Xmasプレゼント | トップページ | ハサミムシ »